google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

児童手当を私の口座に その④

私の住む〇区の『子ども未来課子育て給付係』

子どもを守りたい別居された母は、子ども手当受給資格がないという。名前も白々しい。

I弁護士の渾身の上申書と、早漏夫が娘たちに残していった「置手紙」のコピーを付けて、申請締め切り直前に送付した。

 

〇区給付係から、I弁護士に電話があった。

あれほどの資料を提出しながら、

明らかに母親である私に監護権があり、夫(父親)は子供の監護を遺棄しているにもかかわらず

なお、「母親が離婚の意志を父親に示している」ことが、認定の基準だ、と固執していた。

I弁護士は、相当担当者とやりあってくれた。「おたくの顧問弁護士に聞いてみてくださいよ!」と喧嘩してくれた。

 

一日たった夕方、連絡が入った。

 

10月分より、いでぐちちなつさんを、受給者認定します。

 

とのこと。

 

帰宅途中の地下鉄の中で、泣いた。

 

3 か月にわたり、いろんなことで毎日涙したこと。

生活をしていくため、自分で引っ越しをし、家賃を一年分前払いし、生活費を送ってこない嫌がらせに涙し、送ってきたと思ったら、建て替えた光熱費だ、と不正請求されたこと。

自分の不倫を隠すために、私を「愛着障害」だ、とモラハラで責め続けたこと。

夫が突如家族を捨てて出て行った?!・・・ どんなに苦しくても、誰にも話せない、惨めな出来事。

それでも、雇った弁護士とはいえ、私たちの生活のために、一生懸命戦ってくれたI弁護士。

職場で、融通をきかせてくれる社長。

職場で、10年前に夫の不倫でシングルマザーとなった同年代の同僚女性。

涙は、『感謝の涙』となって、溢れた。

 

私はこれからもっと大きなものを勝ち取るために戦うのだ。

この子ども手当の受給者認定は・・・当然の権利。

なのに、こんなに行政に苦しめられるなんて思いもしなかった。

 

やっと一つクリアした。