google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

裁判を起こす

早漏夫との’円満’調停期日を控えたある日、最後の打ち合わせにI弁護士を訪ねた。

 

もう、いろんなことが複雑に絡み合っている案件になってしまった。

 

 

①私の住む〇区は、子供手当の振込口座変更につき、非人道的な対応をしていることが判明、なんとか私に子供手当を受け取る資格が認定されるよう、I弁護士渾身の上申書を書いてくれた。

 

②3年前の不倫女Yが不倫を認めた稚拙な「謝罪文」。

この案件は、世話になっていた広島の弁護士から、I弁護士に引き継がれた。

この不倫女Yへの対応につき、弁護士同士で検討した結果、今後の私の離婚裁判と絡めると、結論が遅くなることを鑑み、このYを相手取り、別で裁判を起こすことになった。

 

「不貞行為に基づく損害賠償請求事件」

 

裁判...私も「ドキッ」とする言葉だ。

不倫女Yは、今『婚約中』♡

 

新たな弁護士費用として、約30万必要だ。

調停と会わせてすでに60万。もう、今の不倫を暴く調査費用も惜しい。

でも、ぜったい取り返す! 

 

その後、ベテランの女性T弁護士に交代し、不倫発覚の経緯をヒアリング。

今回は、不倫女Yが事実を認めているので「事実かどうか」は争っていない。

 

「私がどれだけ傷ついたか」が争点だ。

 

3年前の出来事だが、その日【7月2日】を思い出し、発覚した経緯、夫とのやり取りを話し始めた。

今だって苦しいが、3年前のその日の夫とのやり取りの会話や、しぐさを説明しているうちに、そのころの苦しみ、その時の感情がよみがえってきて、私の鼓動は早くなり、胸が苦しくなった・・・・

 

3年前、夫に言われ続けたモラハラのセリフの数々。

「おれは子供を連れて、近々東京へ帰る。ちなつもその心づもりでいろ」

と言われ、頭が真っ白になったこと。

愛しい娘と離れ離れになるなんて、片腕をもがれるより苦しいこと。

泣きながら、「お願いだから子供は置いていって…私はもう年齢的に子供が産めない…」と訴えた夜…

 

 

不倫に関するヒアリングは、T弁護士が訴状を書くのに必要な作業だ。

 

「私がどれだけ傷ついたか」を話すことは…

つらい作業だ。

不倫発覚前の、人格否定(モラハラ)と、事実発覚のショックと、その後のフラッシュバック…夫婦で2年以上通ったカウンセリング…

 

ここ半年~6月30日に夫が私たちを捨てて出て行って以降の辛さは相当だが、

3年前だって、私、とてもつらくて、可哀相だったな・・・と改めて思った。

この不倫以外にも、何度も夫には給料をごまかされ、嘘をつかれ、わがままを聞いてきたな。。。すべては、せっかく結婚したんだもの、夫とは一生添い遂げたい・・・子供たちがパパとママがそろった家庭で育ってほしかったから・・・

私が感情的で、時にイライラして気を遣わせたとか、子供をしかり飛ばしていたとか、そりゃ私は完ぺきではなかったよ、広島に一緒に移住してもらった、でも、夫のしたことと・・・・「おあいこ」だろうか。

 

私は十分努力してきた。

家族でいたかったから。

 

ちなつ、もう十分だよ、

出て行ってくれてよかったよ。