モラハラ不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を攻撃し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

父親の死・灰色のオーラ

今こうして、まるで抜け殻のように何とも言えない喪失感を引きずっている。

私はそんなに夫を愛していたのか?自問自答する。

 

少なくとも、私を守ってくれる存在、夫として、父親として、の信頼はあった。

あの日の朝までは。

 

何度も私を騙した不倫夫はいらない。

出て行ってもらって、良かった。

 

と少しずつ感じている。

 

でも人間として信頼していなかった。

もちろん、3年前の不倫があったからだ。それは、どの不倫夫を持つ妻ならば同じであろう。

信頼していなかったその例を語りたい。

 

私の両親は私が11歳の時、母が家を飛び出す形で離婚となった。それ以来、父とは一度しか会っていない。

35年も前のことだ。当時は養育費や父との面会交流など、重要視されていなかった時代。父に会えないことは何とも思っていなかった。誕生日にも、一切お祝いもしなかった父。むしろ、死んだ、と思っていたくらいだ。父がほどなく再婚し、異母妹がいることは風の便りに知っていた。

 

そんな母が常日頃言っていたことは、「あんたのお父さんが死んだら、かならず連絡がくる。遺産相続でしっかり貰いなさい!」

どうでもいいと思っていた。

母も70歳を迎えた2015年、母の友人から電話があった。

「あんたのお父さん、死んだみたいよ。」

でも、だれも私と弟に連絡はくれない。なぜ?私たちの合意がなければ、相続ができないはず・・・

死を知って、一年以内であれば、相続の権利はある。不倫問題の際、別居を諫めたM弁護士に依頼した。

 

後妻はすでに死去。相続人は私と弟と、異母妹の3人。

私たちに連絡がいかなかった理由。それは、遺言状があったのだ。

Y子(異母妹)いままでありがとう・・・云々。幸せだった。中略ーささやかながら全財産をY子に贈る。

ちなつ、K司へ。

私は再婚して幸せだった。Y子は後妻が逝った後、私をよく助けてくれた。君たちも色々あるだろうが、遺留分は請求せず、遠くからY子を見守ってほしい。

弟と私。

すでに40代、

いい年して、私は泣いた。

死んだものだと思っていた父に、最後まで冷たくされた。

 

それなりに母子家庭で苦労してきた私たち。子供に罪はない。

父親らしいことしてやれず悪かった、』など、謝罪の言葉も、私たちを気遣う言葉も、会いたい、という愛情も、一切なかった。

とにかく、「遺留分は請求してくれるな」というメッセージだけだった。

 

いくら私の母が憎かったとしても、子供には罪はない。

どうでもいいと思っていた父。

でも、自分の中に流れる父の血を感じるたび、幼いころ、父がたくさんの漫画を描いて私を驚かせたことを思い出す。

絵心のあった父。

私もその才能を受け継ぎ、絵が得意だ。

 

35年間、どうでもいいと言いながら、父が誇らしいとどこかで思っていたのだ。

その気持ちが、一瞬で踏みにじられた。

もう一度言う、子供に罪はない。己の子なら、最後まで愛情があるものではないのか。

子を持つ身の今、わが子への思いを知る今だからこそ、父の気持ちが理解できなかった。

 

傷ついた弟と私は、遺言状に関係なく、法的権利の遺留分を請求した。幸い、父にはサラリーマンより多めのたくわえがあり、六分の一であっても、私と弟に十分な遺産が入った。

 

M弁護士は言った。お二人には、つらい遺言状でしたね・・・。

 

その受け取った遺産。弟は奥さんと相談し、教育資金にすると決めたようだ。

私も、気乗りしなかったが、夫に話そうと思った。

その前に、遺言状がつらく、傷ついたこと、その気持ちをわかってほしくて、夫と膝を突き合わせて座った。

私は泣きながら、その遺言状でさらに傷ついたこと、父を心のどこかで慕っていたことを裏切られた気持ちになり、つらいこと、を伝えた。

夫は静かに聞いていた。

今思えば、その瞬間、私は『違和感』を感じていた。-それはー

 

ー夫は私の傷ついた気持ちをわかってくれていない、心から慰めてくれていない。ただ、しずかに座っているのは、「いくらお金が入ったか知りたい」という灰色のオーラをまとった夫だ。

 

私は霊感など全くない。ただ、今言えるのは、私が肌で感じた「灰色のオーラ」は本当だった。それを感じた瞬間、私は言うつもりだった遺産の金額を伝えないことに決めた。

 

今自信を持って言えるのは、遺産の金額を言わないで良かった、ということだ。

 

嘘つき、無責任、恩知らず、情がない、思いやりがない、そして、金への執着。

外面がいいだけ。