google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

7歳になったあいこを置いて…

子供の誕生日。それは親ならだれもが特別な気持ちになる日。あいこが生まれた2010年6月、みいなと同じく3週間早く陣痛が始まって一晩中苦しみ、翌朝促進剤を使った。上手に生まれてきたあいこ。赤紫色の生まれたてのあいこを昨日のことのように思い出す。あいこはもうすぐ9歳。とても大切な日なのに、自分で思いたくもないのに、このあいこの6月の誕生日が近づくと、心が平静でいられなくなってしまった。

2年前のあいこの誕生日、私達は4人家族だった。

すでに早漏元夫の人格否定攻撃は頻度を増し、何かにつけて突っかかて来ていた。10年前の会話を引っ張り出して「おれはあれが嫌だった」や、週末の出先でさえ、店先で、バスの中で、私の言葉尻をとらえ、「おまえはいつもそうだから嫌なんだよ!!」と牙を剥くような表情で子供たちの前でも私に喧嘩を売った。

しまいに渡された「愛着障害」の本。私は愛着障害だと言われ、反論できない悲しい過去を持つ私は自分を責め初め、どんどん早漏元夫の卑劣な罠にはまっていった。

6月、あいこの誕生日、4人家族でお祝いした。プレゼントを受け取り満面の笑みの7歳のあいこ。Happy Birthdayソングを歌うビデオをとっていた元夫を私ははっきりと覚えている。

その2週間後、早漏不倫元夫は突如私達の前から消えた。

だからこの6月が、私にとって、いや、私達家族にとって、なんとも表現しがたい時期になった。あいこの誕生日を祝いたいのに、もう純粋な気持ちで祝えなくなった。

あいこの大切な誕生日は、忌々しい醜元夫にされた人格否定と、突然蒸発されたことで一気に奈落の底に突き落とされた地獄の日々を耐え忍んだ気持ちと紐づいてしまった。

たった2年前、どんなに自分の気持ちに蓋をしたって、消せる記憶でもなく。

笑えるほどの月日は経っていない。

 

私は以前のように、純粋にあいこの誕生を思い出し、感動し、感謝したい、それだけに胸がいっぱいになる日、に戻したい。

 

そして、私たち家族を、私を苦しめ、貶め、離婚した後も、こうして私の大切な記憶でさえ汚す元夫を決して許すことはできない。

 

あいこ自身はどうだろうか?自分の7歳の誕生日の後、突如消えた父親。

 

私があいこの誕生日を心をかき乱されず祝える日はいつくるのだろうか。