google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

うれし涙

今年の記録的な暑い夏は、あいこが生まれた年を思い出させるような暑さの夏だった。

あいこが生まれた年の夏は私が経験してきた夏の中で一番「暑い」と思った。

朝から晩まで、クーラー嫌いの私がつけっぱなしにしていたほどだ。

 

同じような猛暑は、その気がなくてもそのころを思い出し、その後のあいこの成長を楽しく思い起こしているうちに、一年前の「あの日」へつながった。そこで楽しい回想は地獄へと落ちて終わる。その繰り返しを何度かしているうちに、気分がふさぎ込むことが多くなった。

「なぜ?」「私が何の仕打ちをしたというのか?」「この出来事の意味は?」「みいなとあいこをなぜ傷つけるのか?」

新しいスタートを切ったはずの私、足を取られて前に進めない夏だった。

 

そんな夏が終わり、涼しくなってきたころ、地獄への回想をすることがだんだんと減っていった。

夏に入社した会社も3カ月がたち、だいぶ慣れてきた。「仕事が楽しい」と思えるようになった。子どもとの悩みも多いが忙しく、あわただしく、でも総じて平和な日々。住む場所がある、お金を使わずに遊ぶハイキングや散歩を楽しむ日々、毎晩食卓を囲む幸せなとき。とりあえず生活が出来ている。

 

ある日ふと思った。『好きな人が欲しいな』

 

この気持ちに一番驚いたのは私自身。次に湧いてきた感情は、「感動」=うれし涙 だった。

今でも信じられるものは「自分とお金」だけ、これは変化なし。

あれもほどにも苦しみ、傷つき、破壊された私の人格、人生、家族、そこからの苦しさからの反撃、戦い…金銭的負担…世間の人間関係の「底辺」と思われる経験をしてきた私が、よくぞ「好きな人が欲しい」と望めるまで回復したな、と。素直に、まっすぐに「恋」を望めるようになった自分の心に感激した。そして、泣いた。よく頑張ってきたね、誰かを好きになりたいと思えるほどに心が元気になってきたんだね。

私は自分で自分に感動して涙した。「ちなつ、頑張ったね・・・」

 

心が少しずつ健康になっていくのを私は感じ始めていた。