google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

めぐり合わせ

地獄に突き落とされてから1年。

あの時は、一年後の事なんて何も考えられなかった。

「なぜ?」「どうしてこんな卑怯なことを?」「この12年間の結婚生活の意味は?」

「あんなにかわいがっていたと思っていた子供たちを見捨てて?」

憎い、苦しい、恨めしい、嫉妬、怒り、絶望、他にどんな形容詞があれば足りるだろう。

この世のあらとあらゆるネガティブな感情を抱え込んで、毎日仕事へ出かけ、子供たちの世話をし、弁護士と打ち合わせをし、たくさんのお金を払い、隠れるように暮らし…長い長い闘い…

 

ほぼ私の望み通りに離婚が成立してから5か月。

願っていた目標慰謝料金額を取った。(昔の不倫女Yの解決金を含む)

望み通り、仕事を決め、広島に戻ってきた

子どもたちは、それぞれ習い事のいい場所を見つけ、楽しく通っている。

元のママ友パパ友の仲間と時々遊んでいる。

 

どうしても、かなえられずに苦しんでいたのが私の「仕事」だった。

T人事部長に前職に戻りたいと相談していたが、結局「これ」といった確実なポジションがなく、大丈夫です、と断りを入れた。

私も今思えば、「戻りたくなかった」のだ。

何一つ恥ずかしいことはしていない、皆口をそろえてそういう、だけど、たった1年半前に元夫の仕事についていくと退職した私が、苗字が変わって戻ってきたら、後ろ指を指す人だっているはずだ。私は身も心もボロボロになって帰ってきたのに、そんなことを想像するだけで耐えらえないと思った。

あんなに戻りたいと思っていたのに、「惨めで戻りたくなかった」

もし時計を巻き戻せるなら・・・辞めてはいなかった。

 

T部長の心配を大丈夫だと言って断り、始めた仕事は「英語講師」だったが、実際始めて見ると、「保育要員」であった。毎時間おむつ替えをし、噛みつきぐせのあるモンスターに引っかかれ、噛みつかれ、それでも、この仕事があるから広島に帰れた、という思いがあったから、自分を納得させようと頑張った。しかし、入社1週間後に手渡されたピアノの本、「練習しておいて」に、「ああ、違うな」

正社員。私は40代、ひと時もキャリアを積むためには無駄にしてはいけない。

速攻採用されたメーカーの通訳。遠いので早朝に出勤する私に、みいなが朝ベランダから私が見えなくなるまで見送ってくれた。ごめんね、我慢させて、でも頑張るからね・・・この仕事もいずれ不可抗力により、出勤できなくなる。

「あとは仕事だけ、仕事だけ元に戻れたら、私が掲げていた願いは叶うのに。」

同業種に応募すると面接までこぎつけたが、相手はただの興味本位であった。

私の履歴書をみて、ほほう、と。戻ってきた理由までさらして面接に来ている私に、根掘り葉掘り私の経歴、経験を聞き出し、不採用とした。

 

同時に、ずっと連絡をしたくてもためらっていたある人がいた。Mさんとは、前職のとき、同じ職種の窓口として会社を超えて付き合いがあった。経験の長いMさんに、よく相談の電話をしたものだ。そのMさんに連絡したいと思いながら、下心見え見えでいやらしい、と思い、どうしてもできないでいた。

でも、思い切って「実は戻ってきています」と連絡してみた。

Mさんはすぐに人事とのアポを取ってくれた。

会社に出向くと、笑顔のMさんが、前職での私の仕事ぶりを伝えてくれており、人事担当者を通じ、あっという間に選考が進んだ。役員面接の前には、『もう現職に退職を伝えて大丈夫です。内々定ですから。』とまで。

 

私は入社案内の封筒を抱えながら、

泣きながら家路についた。

 

東京から帰ってきてから、2か月ごとに仕事を変えていた。英語講師→保育要員、ピアノを弾く日本語講師  通訳→プレハブの簡易トイレの事務所で、通訳は週に1回。他仕事無し。

私はシングルマザー、仕事を選り好みしている場合ではないことは百も承知。

この4か月間の意味は分からない。自分が何をしたいのか、を考えさせられる時だったのだろうか?私は結果的に、ご縁のあったMさんを通じ、前職と同業の仕事を、しかも以前と同じ部署で仕事が出来ることになった。

 

めぐり合わせ、だろうか。

 

いま高らかに言おう。望みはすべて叶いました。

 

夫選びに失敗したけれど。→私は初めから、この夫を望んではいなかったのではないか?願いではなかったのではないだろうか。