google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

『Just Moved』

東京から、逃げるように引っ越してきた私達。それは、引っ越す理由を知られたくなかったから。1年半前に東京へ引っ越した時、温かく迎えてくれた新旧友達、年賀状を今年貰いっぱなしで返事を書けないでいた昔からの友達・・・

20枚程度だが、まったく事情を知らせていない友達へ、思い切って

 

「引っ越しました」はがきを出した。

 

一つ一つ、メッセージを添えて…

ある者には、『人を信じられなくなりました』と泣きごとを書いたり。

ある人には『人生何があるかわかりません』と意味深に。

夫婦別姓の世の中を願います』など。→これは本当。

f:id:chinacchan:20180614005745p:plain

投函するとき、ドキドキした。

そして、もやもやした。なぜか?至らない妻ではあったかもしれないが、ここまで貶められるほどのことはしていない、私は間違ったことはしていないのに、なぜ惨めに思うのか・・・?名前が変わったことですぐにわかるではないか?なぜ?なぜ・・・?

離婚から3か月、引っ越しから2か月。外でMINIを見れば嫌な気持ちになり、何かと早漏元夫の影が心の中にあり、苦しんでいる。

それはたった3カ月では癒されるはずもない、仕方のないことなのに。

 

はがきが到着した友人たちは、驚いて電話をくれる人、LINEをくれる人、等。

特に、電話をくれたNさんは、みいなとあいこが2,3、歳だったころからを知る、昔のご近所さんであった。毎年庭の玉ねぎ収穫や、年末は餅づくりのお手伝いに呼んでもらっていた。近所に買ったマンションを売ってまで東京へ転居する私たちを、それはそれは寂しがってくれた。

みいなとあいこの様子を心配しながらも、Nさんはむしろ、この数か月、地獄の底を傷だらけになってさまよって生還した私を、心配していた。

言葉では聞かなくても、声色で、私に「辛かったね」と言っていた。

それを感じた私は、明るく「大丈夫です、カープのそばで幸せで♫」と笑っていたものの、段々閉じていた扉が開いていくのを感じた。

 

まずい、泣いてしまう。。。

 

このままだと、何が起こったかすべて喋って受け止めてもらいたくなりそうだ。

 

あいこにわざと電話をかわってもらった。

 

東京を出発する前に会った、元同僚のKさんは、はがきをみて涙が出た、とLINEをくれた。同じく離婚歴のあるKとは、レストランでお互い泣きじゃくった。

経験したものでないとわからない思いを・・・

 

勇気を出して投函した「Just Moved」のはがき。

元気ですよと伝えるはずだったのに、なぜだか私はだんだん後ろ向きになっていった。