google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

急転直下②

離婚条件を出した12月から2回目の調停。

急に離婚条件を出して、2回目で「不調にして訴訟にします!」と言い切った私に

調停員たちは、説得にかかった。「訴訟にしたところで、長くて辛いことを沢山言わなければならない、さらにお金がかかり、傷つくうえ、希望の慰謝料が取れるという保証はないので、なんとか調停で話し合ったらどうか」

突っぱねた私は一度待合室に戻り、30分以上待たされただろうか、こんどは調停員は早漏夫側の説得を試みているようだった。この出たり入ったりの話し合いが2回。

慰謝料の金額はどのくらいを希望しているのか?どのくらいの範囲なら、受け入れられるのか、等、具体的な落としどころ金額まで。それを相手方に伝え、説得をしていた。

 

私は心に決めていた金額があった。不倫女Yと合わせて、この早漏夫との慰謝料総額を幾ら以上取る、と決めていたのだ。不倫女から取ったお金を差し引いた差額を提示した。これが出せないなら、訴訟です、と。

 

もう裁判所の閉所時間5時に近づいていた。

最後に調停室へ呼ばれた時、調停員は言った。

 

「ちなつさんの希望慰謝料額一杯を支払うそうです。そして、養育費、子供の面会交流も、交通費は自分持ち、泊りはなく、2日連続でならよい、という条件も。高校、大学、成人時にお祝い金としてそれぞれ10万ずつその都度払う事。」

 

横で私のT弁護士のほうが驚いていた。

 

訴訟ではない、だから、「勝った」という表現は不適切だが…

 

私の要求が全面的に通った。

 

理由は一つ、訴訟にしたところで、断然不利なのは早漏不倫夫であり、さらなるお金がかかるくらいなら、慰謝料を払って別れ、早く再婚をしたいのだろう。

 

出て行ったとき、半年にわたって私を精神的に問題があるとストーリーを作り上げ、私の責任として、「カウンセリング、頑張ってね、別れた後でも、心から応援しています」と、反吐がでるような下衆なセリフを言って「最後まで優しい夫」を演じ続けていた早漏不倫夫。私はこいつの嘘のストーリーを法律の場で公表し、戦った。

 

そいつのやってきた一連の極悪非道の悪事を、慰謝料という名で落とし前をつけさせた。

 

分割払いだが。

 

私は、申立人待合室で泣いた。

 

家賃14万の部屋に子供二人とともに残され、急に奈落の底に突き落とされたショック。裏切り、新たな嘘、苦しくて苦しくて、月一回の調停が待ち遠しかった夏、なかなか進まない、広島に帰りたいけど、調停をしている間は帰れない、と苦しんだ秋、なぜどうして!?と毎日悶々とした祈りの日々、年明けには帰りたい、とだけ願った年末…周囲の人に悟られないように人目を避けるようにひっそりと暮らした9カ月。出ていくばかりの弁護士費用、2度の引っ越し、新居費用、転職活動・・・

 

 

 

T弁護士は、『今夜はおいしいお酒が飲める』と喜んでいた。弁護士もびっくりの展開だったからだ。相手方の弁護士にも説得されたんだろう。勝ち目はないから、別れたいなら払いなさい、と。

 

「いでぐちさんの、ぶれない態度が、この勝利の大きな理由ですよ。」

 

たしかにそうだ。1万円でも値切ろうものなら、訴訟にするつもりだったから。

 

5時をすでに回っていた。裁判官が、調停離婚調書を読み上げをし、(双方立ち合いだが、私はデカ顔の早漏夫の姿など見たくないため、弁護士に代理で出席していただいた。)私はそれをもって、役所へ一人で離婚届を出せば終わりだ。

 

その日の夜、母に報告した。弟にも。

引越しまであと10日。時間がない。さらに会社を休んで、本籍地のある関東のくそ田舎市役所へ向かった。開庁時間に合わせるため、朝6時台の電車に乗って…

 

f:id:chinacchan:20180422005209j:plain

 

無事に離婚届を提出した。

 

離婚届を手にしたとき、ふと、12年前の結婚した時のことを思い出した。

人前式で、茶色の色遣いの婚姻届にその場でサインしてその日のうちに提出したな、と。

私の人生は、ここからこうなることまで決まっていたんだろうか・・・と。

 

結婚生活は終わりがあまりにも惨めで辛くて、『なぜここまで私を貶めるのか?』と涙だったが、果たして全体を通して、楽しかった時もあったじゃないか、と…みいなとあいこが生まれたときも・・・ 

 

すがすがしい気持ちと共に、そんな複雑な気持ちが溢れた。

 

そして、私が守りたかった家族。結婚生活は、終わった。

 

私は自由になった。お金をもらったからといって、傷ついた記憶がなくなるわけじゃない。将来の心配はいくらでもある。人を信用するのが怖くなった。世間体、後ろめたさ、惨めさ、二人の子を抱えた不安、等、負の遺産は沢山ある。

 

みいなとあいこには、膝を突き合わせて報告した。

二人とも、安心した表情を見せて、わたしに甘えるように膝にほほを摺り寄せてきた。

 

「これから、3人家族、宜しくね。」