google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

告白

10月の3連休がやってきた。

今年はあいこの七五三。毎回、お参りと、写真館での記念撮影をしていた我が家。

3人家族になっても、変わらず同じようにしよう、と、近所の神社の予約をした。

写真館は、あいにくどこに電話をしても、+ヘア、メイク料をチャージされるので、広島に帰ってから改めて写真館に行くことにした。

 

連休の中日は、キンモクセイが香る爽やかな秋晴れとなった。

f:id:chinacchan:20171012001145j:plain

おめでとう、あいこ。みいなの時は、「つぎはあいこの七五三があるから」なんて思っていたのが2年前・・・。この七五三が終わったら、もう成人式までお祝い事はないんだな、と思うと寂しいような。

 

その神社の近所に住む、みいなが生後間もなくからの付き合いの友達夫婦の自宅を、お参り帰りに訪ねた。

GWに一緒に家族ぐるみでハイキングに行ったのが最後だった、それ以降、ママから何度か、連絡を貰っていたが、私は誰にも会うことができず、その訳も話せず、のらりくらりと会う予定を立てずにいた。

 

七五三の予定を決めた数日後、ママから連絡が来ていた。「そろそろ集まりたいね」

私は決心した。

 

受け止めてもらえるかわからない、あまりにも重く、逆に苦しめてしまうかもしれない。でも、家族ぐるみで付き合いが長い彼ら、ママパパ友としては一番長い。広島在住中も子供服のお古を送ってくれるなど気にかけてくれ、I夫婦の一人娘の七五三には広島の厳島神社まで来てくれたのだ。

 

I夫婦に事情を話そう。

 

広島の数名の仲良し家族には、LINEで何が起こったか話してある。だって彼らは私たち家族にとって、楽しい仲間、夫婦としてやり直すにあたってとても大切なかかわりを持ってくれた仲間、東京へ引っ越すとき、壮行会までしてくれた仲間だったから・・・

でも私は東京の、この近所の友達に、誰一人、事情を話すことが出来なかった。このまま、誰にも言わず、ひっそりと広島に転居するつもりだった。

 

家族ぐるみでいろんな話をしてきたI夫婦。

 

あいこの七五三の着物を着替え、お茶をしているとき、切り出した。

「聞いてほしいんだけど・・・パパが出て行った。」

 

考えてみれば、電話では親友に話してはいたが、面と向かって、人にこのことを話すのは初めてだった。動悸がする。

 

I夫婦の反応は、「衝撃」だった。

ママは私の悲しみを想像し涙してくれ、パパは怒りで震えていた。

 

パパに尋ねた。

「同じ父親として、どう思うか?」

「・・・信じられない・・・どんな事情があるにせよ、こんな風に逃げるなんて・・・もう自分勝手すぎて信じられない・・・ちなつさんが怖い?それが理由?そんなの、端から聞いても、『それは本当の理由じゃないだろう』ってわかる。」

パパは続けた。

「広島で再会したとき、広島にはいい仕事がない、とか、転職理由とか聞いたけど、なんていうのかな、その「転職理由」に「危うさ」を感じていたんだ・・・。理由がちゃんとしていないっていうか、「自分がその仕事に合わせていく」んじゃなくて、ずっと「会社が自分のしたいことに合わせてくれる」そんな会社を求めているんだな、って。そんな都合のいいこと無いのに。」

 

Iパパの言うとおりだ。

どの会社に転職しても、1年足らずで不満、「年収アップを目指す」とか、ていの良いことを言い転職を続けていた。どこにっても、不満ばかりで転職を繰り返す。「俺は海外大卒、世界を相手に仕事をするんだ」というプライドばかり高い見栄っ張り。

家族の大黒柱、父親としての自覚に、この夫の仕事に対する態度から「危うさ」を感じ取っていた。

 

I夫婦は、ランチだけで帰る予定だった私たちを夕食までごちそうしてくれた。

 

迷惑だったかもしれない、彼らだってつらいことがあるはず。話すことで、嫌な思いをさせてしまったことは否定できない。それでも、face to faceで私を受け止め、これからの未来が少しでも輝かしいものになるよう願ってくれている。

 

帰り道、あいこが言った。

「ママ良かったね、東京にも味方ができたね♬」

七五三を済ませたあいこは7歳、小学一年生。こんな幼き心に2017年という年は「傷つき」と同時に「思いやる心」をも与えた。

 

感謝、ありがとう、I夫婦。

どうか、I夫婦はいつまでも仲良く。私は二人の所に、これからも会いに行きたい。