google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

シングルファミリーの仲間たち

調停の頻度は月に1度。

それはそれは長―い時間。頭で理解できている、「もう離婚しかない」の思いに

心がだいぶついてこれるようになった9月末。

 

現状、そして気持ちはすでにシングルマザー。毎日広島へ帰ることを妄想し、

みいなとあいこと3人で、『広島に帰ったらねぇ~〇〇とキャンプとか~♬』

習い事はあそこに行こうとか、週末は何をしようかとか・・・想像だけが膨らんでいた。

広島生活の想像をより現実的に!その思いで、広島の「シングルマザーの仲間」を探すべく、出会ったのが、『ゆかいな仲間たち』だった。

メンバーは8人。

大学生の息子さんがいるマザー

5人の子持ちのマザー

小学生2人のファーザー

乳児を育てるマザー

小中学生2人のマザー

3人の子持ちファーザー

などなど・・・

 

現在東京にいる私は、皆にお目にかかったことがない。

時々、他愛もない話題でもりあがったり、新しいメンバーが増えて挨拶したり。

皆、修羅場を乗り越えた、3年目、4年目の先輩シングルたち。私は時々、友達に言えない自分の苦しい胸の内や、不安な気持ちをLINEに書き込んでは、励ましてもらっていた。

グループのみんなは、私の今いる次元をはるか超えた、まだ見ぬ感情的『自由』の世界にいることがわかった。

私はある日聞いてみた。

「皆さん、離婚して幸せですか・・・?」と。

 

シングルファーザーは

『保育園の支度とか、親同士の付き合い方とか何もわからないままスタートしたけれど、会社の理解もあり、生活にも慣れ、今は最高に幸せですよ!』

と。

『元夫を殺したいほど憎んだり、事業で失敗したり、「なんで私だけ?」と考えたけれど、生きている限り、元気なのが一番幸せだと今は思う。』

『ちなつさんも今は苦しいけれど、先では幸せだと思う日が必ずきますよ👍👍』

と、励ましてくれた。

 

まだ見ぬLINEグループのシングルファミリーに、慰めてもらい、その優しさに涙し、まだまだ不安定な気持ちを奮い立たせている。

早く、私もみんなを励ます立場に行きたい。

その時、私はこのブログを読み返して、『ちなつ、大丈夫だよ、今、最高に幸せだよ。』と、書き込むことを妄想している。

 

大丈夫、絶対に実現するから。