google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

生活費いやがらせと通知書

第一回目の調停は9月末。裁判所に申し立ててから約2か月。長く長く、それは苦しい日々だ。

 

早く決着して広島に帰りたい…

 

そればかり毎日考え、祈り、街を歩くとき、そっと目を閉じてはその風がまるで広島にいるかのように妄想し、精神の均衡をとっていた。

そうでもしなければ・・・夫は家族を捨てた自責の念などなく、すべての責任を私のせいにし、のうのうと、のびのびと、お金を自由に使い、早漏だけど女と遊んでいる!と恨み言のほうへ引っ張られてしまうから・・・

 

妄想しなければ、やっていけなかった。

 

夫が突如逃げ出してから2回目の給料日が来た。

「やっぱり、生活費を振り込んでこなかった。」

当初双方で決めていたのは、初月14万、その後13万だった。

その13万円でさえ、振り込んでこなくなった!

私は、大丈夫、家賃の先払いはしているし、贅沢しなければ、給料の半分を家賃に持っていかれても、なんとかなるだろう・・・ でも、

 

許せない!

 

その直後、夫弁護士よりFAXが届いた。子供の面会を求める要望書だったが、それはそれは世間の人が見たら「バカじゃないの!?」という勝手な要望だった。

  • 年間100日程度(具体的には、隔週の土日連日、平日の夜に1~2日、および年に数回の長期休暇に3日以上の連泊
  • 夫と子らだけでの面会交流
  • 旅行連れ出しの自由
  • 子らが、私を介さず直接夫と連絡できる手段の確保 子ども携帯など
  • 交流とは別に、子らの学校行事等の参加の自由

そして最後に、初回期日前の9月2日、土曜日、午前9時~午後8時を面会希望とするので私の意向を聞いてくれ、というものだった。

 

I弁護士は、面会交流100日を見て、一言。

「じゃあ一緒に住めよ!」っつー話だ!

 

これには心当たりがあった。GW前に、様子がおかしかったので話し合ったとき、「GW中にアパートでも探そうかと思っている。」と言ったので、驚いて、そんなことしないでほしい、となんとか思いとどまるよう話、合意した。(と思っていたのは私だけだったようだが。)

 その際、別居しても、アメリカの離婚した友人夫婦の所の子供たちのように、隔週双方の家に行き、交流しているのを知り、「アメリカ式」で「あんな風にできたらいい」とボソッと言っていたのだ。

 

それよりも、I弁護士が怒っていたのは、こちらが起こした円満調停に対し、何の回答もこちらへせず、(離婚の別居なのか、距離を置きたい別居なのか、それとも戻る意思があるのか等)ただ要望だけ言われても困る!ということだった。それに、子の面会交流調停を起こしてルール決めするまで子供たちに会わせない、と通達してから約1か月、夫は私からの調停申し立て通知がくるまで、何のアクションも起こしていなかった。この要望書が来た時も、子の面会交流調停を起こしていなかった。

 

私の意向を聞くまでもなく、I弁護士はぴしゃりとこの要望書に即日回答した。

突然に別居に至った理由(妻子は夫に「捨てられた」との認識です)及び今後の方向性が定まらないままでの面会交流の実施は,未成年者の福祉にも反します。

 

この通知書。

子の面会と引き換えに、生活費をストップしたのだ。

 

もう、卑劣、卑怯、非情、悪魔・・・ありとあらゆる最低の形容詞が並ぶ。

 

その日の朝まで、何かあったら助けてくれると思っていた人は、6月30日、私を背後からナイフで八つ裂きにした。

 

こんな人だったんだ、私が夫に選んだ人は。

愛しいみいなとあいこの大好きなパパは。

 

ここでいつも涙を流していた私はもう居なかった。

あきらめの境地。受け入れなければ、前に進めなかったから。