google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

私はモラハラされていた?!

円満調停の第一回目は1か月後。

子の面会交流調停を起こしなさいと言ってから、何もアクションを起こさなかった夫。

家裁から通知が届いた夫は慌てたように代理人を付けた。

 

夫に捨てられ、惨めでみじめで、親兄弟と限られた親友にしか話せないこと。

強力な味方は、I弁護士と、ペアのT弁護士だ。

 

相談の時からI弁護士は、夫が圧倒的に不利なこと、『大丈夫だから!』と言ってくれていた。

第一回期日で、夫は何を主張してくるのか。

 

こちらは円満

 

むこうはNOというだろう、なら、なぜ?離婚?なぜ離婚したいのか?

 

私のスケジュールと気持ちを聞かれた。

 

『今、絶対に不倫しています。3年前と同じセリフで私を責め立てました。でも今の不倫は暴けません。ただし、3年前のYを相手取り、とことんやります。離婚せずずっと別居でいようと思いましたが、もう夫の姓を名乗るのも嫌です。一刻も早く、この夫との縁を切り、新しい人生を始めたい。』

 

調停は様子をみて2回。

そのあと、不成立にして、離婚裁判を起こす。

 

 

そして私は夫から4月に手渡された『愛着障害』の本を取り出した。

「3年前の不倫の時も、私の人格を全否定され、私への気持ちが’ わからない といいました。今回も、出ていく前半年にわたり、私のやることなすこと、過去の発言をいちいち引き合いに出し、『お前は10年前に〇〇と言った、傷ついた、云々、』責めました。こんな本を渡されて、私が否定できないことを知りながら、「幼少期の悲しい体験のせいでちなつの性格が歪んだのではないか、」と黙らせ、『ちなつの性格が我慢できないから、黙って出ていくしかなかったんだ』と、私の責任で自分が出て行ったと言っています。」

 

『それねー

    立派なモラルハザードだから!』

『よくあることです、調停員もわかっていますよ。』

 

え?自分がモラハラされ、洗脳されていたなんて!!

 

 

I弁護士はまた言った。

 

『言ったでしょう。旦那は地獄列車に乗っているんだから』

 

「先生、私みたいに、夫に捨てられたひと、いますか・・・?惨めでみじめで、人生を呪うんです。」

 

「いでぐちさん、いますよ、そういう奥さん。人は表面で見えないだけで、みんな何かしら背負って生きています。あなただけではありませんよ。」

 

心の奥から力が湧いてくるような感覚を覚えた。

その打ち合わせの日から、私はだんだんと泣かなくなった。

 

もう、ツクツクボウシが鳴き始めた夏も終わりのころだった。