google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

後悔

みいなとあいこがパパと面会してから、どうしようかと考えていたことがあった。

アパートもわかる、行ってみようか。誰かが出入りしているのを偶然見るかもしれない・・・

行こうと思ったり、もうどうでもいいや、と思ったり決めかねていた時、横浜方面に行くことがあった。

 

「行くなら、今日の帰りしかない・・・」

 

念入りに最終電車をしらべ、用事が終わった後、夫のアパートに向かった。

最寄り駅に着き、ドキドキしてきた。

 

夫はどんな腹黒い気持ちでこの駅を毎朝使っているのか。

清々したと、己の正しさに酔いしれているのか。

どんな面をして人に会っているのか・・・

 

時間は夜10時半。駅からすぐの新築アパート。

102号室には締め切ったカーテンから明かりが漏れていた。

 

居る。

 

洗濯物をみるが、暗くてよく見えない。

 

ドアの前に行って、ドアポストを開けると、クーラーの冷気と明かりが見えた。

意を決して、インターホンを鳴らした。

 

その瞬間、すべての明かりが消えた!

 

居留守を装っている!

 

絶対に怪しい!!誰かと居る!!

 

ドアの向こうに私を苦しめている憎き夫と不倫女がいるのに・・・何もできないなんて・・・自分の無力さと、来たことの後悔で、また胸が苦しくなった・・・

 

来るんじゃなかった・・・

 

そのパパの態度を見たみいなとあいこも、帰りは黙りこくっていた。

機嫌が悪くなるくらいなら・・・わかっていたのに・・・

 

真っ黒の夫。

 

何も話し合いもせず、「ちなつが怖くて話せなかった」と私を愛着障害だと悪者にし、周りに触れ回っている夫。

 

私の結婚した人はこんな人だったのか・・・

嘘だらけの上に、知る必要のない嘘が降ってきて、どう心の折り合いをつけていいかわからない、ドロドロの感情からぬけられない。助けて。