google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

3年前の不倫・その後

不倫相手の名前と住所、電話番号を入手した私。

当時みいなは5歳、あいこは4歳。かわいい盛りの保育園児だった。

パパが大好きな二人。子供たちはパパとママがいる家庭で育てたい・・・夫が謝罪しているなら、再構築の意思があるなら、私がここで我慢をすればいい。

夫を許し、慰謝料請求も今回はしない。そう決めた。

 

ただ、慰謝料請求はしないが、今後何かのために、武器になると考えた。

あの証拠写真と共に、有事の際に、武器にしよう。

 

夫は翌日不倫女Yに電話をし、別れたと言った。

 

不倫が終わったといっても、夫婦仲の信頼関係が取り戻せるわけなく、私は度々フラッシュバックに悩まされ、そのたび夫を責めた。夫にはそのたび、ちゃんと受け止めるよう言った。フラッシュバックは本当につらく、いつ来るかわからないので、「あ、あのころあんなこと言っていたのはXXXだったからだ!許せない!」

という思考回路で毎日苦しんだ。

 

こんな心理状態でも、私は仕事に毎日行った。どんな気持ちでいたか、もう覚えていないが、よく行ったなあ、と思う。

 

1か月ほどたったころ、今度は夫が数年にわたり、給料をごまかしていたことが発覚した。

少なく言って、自分の手取りを取っていたのだ。

私はまた怒り狂った・・・物を投げ、「出ていけ!」罵った。

 

夫は、今度は「ちなつが怖い」と言い出し、別居をしたいと言い出した。

私もそれでいいと思った。もう、不倫をしておいて、お金のごまかし、もうやっていけない!

 

別居について相談をしに、私はM弁護士を訪ねた。

M弁護士は、子供が小さいことも考え、「別居すると、戻れませんよ。」と私を諫めた。

 

相談料は、いいから、と、言ってくれたM弁護士。

私はもう一度夫を話し合い、再構築を誓った。

  

 

その間、プライベートでは、保育園を通じて、仲良しのパパ&ママ友ができ、家族ぐるみで付き合える仲間ができた。ホームパーティーやBBQ、山のぼり、キャンプ、旅行、野球観戦、などなど、本当にいい仲間に恵まれて、私達夫婦は、少しずつ、絆を深め、再構築をしていった・・・と思っていたんだけれど。