モラハラ不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を攻撃し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

3年前の不倫ー発覚

偶然か必然か・・・

3年前の不倫女Yに慰謝料請求し、内容証明を受け取ったのが6月30日。

その同じ日に

夫は私たちを裏切って、何も言わず、不在時に、勝手に出て行ってしまった。

 

 

3年前の不倫について語ろう。

 

3年前、私を半年にわたり人格否定していた夫。

妻として、母として、やることなすこと、突っかかってきては私を責めた。

家族で出かけて居ても、ちょっとした一言に文句を言い始め、私は納得できず、悔しくて、その商業施設へ一緒に入らなかったこともあった。それでも夫は「なんで来ないんだ、戻れ」と罵った。すべてを否定する夫に私は段々と委縮し、自信を失い、おかしくなっていった。

 

私をどう思っているのか尋ねると、いつもきまって

「正直どうしていいかわからない」

と言っていた夫。

 

『私さえこの性格を直せば、4人家族でいられる・・・私さえ我慢すれば…』

 

「そんなにわたしを責めるけど、じゃあ私は今まで、何の貢献もしてこなかったの?なにもいいところがなかったの・・・?」

すがるような思いで夫に尋ねた時、

 

「そうだな・・・子供たちの教育については、まあ・・・感謝してるよ...」

 

この時の夫の表情、態度、その背景の部屋の様子を昨日のことのように思い出せる。

そのくらい、私は追い詰められショックを受けていた。

 

6月のある日、突如「おれは子供たちを連れて実家に帰る、ちなつもその心づもりでいろ」と言い放った夫。

3月に新築マンションに入居したばかり・・・

このマンションは?生活は?なぜ突然??

 

私は頭の中が真っ白になった。

私の大切なみいなとあいこを連れて…出て行く??この新築マンションで私一人で・・・どうしろと??頭が混乱し、どうしていいかわからない。

 

その日の夜、寝室に行った夫に、私は力なく訴えた…

 

『私が悪かったのはわかった・・・でも・・・私は年齢的にもう子供を望めない・・・どうか、子供を連れて行くなんて言わないで・・・』

 

泣きながら、夫に訴えた・・・

もう、5歳と3歳のかわいい盛りのみいなとあいこを奪われるなんて…片腕をもがれる以上の苦しみだった・・・

 

 

前年秋より様子のおかしかった夫。

その時も、今回同様、人格否定。

 

何か怪しいと感じた私は、東京出張に月1で出かける夫を尾行してほしいと考え、探偵と会った。その探偵事務所の社長は、非常に怪しく、営業トークも怪しいものだった。誰にも聞かれない場所、カラオケボックスを指定され、社長の怪しいワンマンショーが始まった。

それに引っかからないとわかった社長は、世間話を始めた。「スキンシップが半年もない?そりゃ間違いなく浮気しているよ!」と言い放った。探偵に会った、つまり浮気を疑ったからだが、心の半分は、『夫に限って』とも思っていたが、怪しい社長の一言で、目が覚めた。

 

怪しい社長から、新しい考え方を学んだ。

 

家に帰って、夫の引き出しを漁った。

すると直ぐに、証拠が出てきた!

いつも出張時に持っていく、化粧ポーチの中に、

大量のコンドームが入っていたのだ!

 

やっぱりあの社長の言う通りだった!!

私は震える手で、その写真を撮った。相手は誰?まったくわからない…

 

夜、夫が寝室へ行った後、夫の携帯のロックを外そうとするも、出来ない。

財布を漁る。クレジットカードをいくつか手にしたところで、夫がリビングに戻ってきた。

やばい!

 

「何やってんだよ、何隠したんだ、見せろ。」

心臓が爆発しそうだった。

 

絶体絶命のピンチ!

 

よし、ここで勝負を賭けよう。

 

「何をしていたか知りたいなら、携帯見せて」
「いやだ」

 

「何で?やましくなかったら見せられるはず」→押し問答

「そう、じゃあ教えない」

「あんた私に何か言うことあるんじゃないの?」

 

足を組んで座った夫は、ため息をつくように「いずれ分かることだ。」と、わけのわからないことを言った。

 
「何か隠していることがあるでしょう」
「いや、ない」
「ああ、そう、で、いつ出ていくの?」※子供はおいていく、と前日言っていたので。
「残るかもしれない」
「いや、いいよ、どうぞ出て行って。別居しましょう。」
 
もう一度夫は大きくため息をついた。
「・・・わかった、正直に話す」
 

 

夫がついに白状した!

勝った!

 

夫に土下座させた。半年にわたり、私を苦しめてきた夫を罵った!

一番腹が立ったのは、発覚前、『俺がインポじゃないかって悩んでいた時、ちなつはちっとも心配してくれなかった。一緒に病院に行こうって言ってほしかった。』と責めていたのだ。今思えば、そんなこと口に出して言わなければ伝わるわけないだろう、という夫の責め台詞だったが、とにかく人格否定されてオロオロしていた私は、「ごめん、そんなに深刻だったなんて・・・真剣に聞いてあげられなくてごめんなさい、」と、自分を責めていたのだ。

 

『なにがインポよ、ふざけんな、おまえみたいな早漏野郎、どーやって満足させてたんだよっ!』

夫は本当に早漏だった。

汚い言葉で、夫を罵った!!恨みを晴らすように!!

夫は土下座しながら、力なく言った。

 

「ちなつにばれてよかった・・・ 止めてほしかった・・・」涙を流す夫を見て、

「やり直したいなら、相手の女の住所、名前を教えなさい。」

 

相手はSNSで知り合った東京のバレエ講師。なんと私より年上。

それで、ある時、みいなのバレエ教室の選び方について、文句を言ったのか。

「やらせるなら、ちゃんとしたところに行かせるべきだ」

仕事してるから、いいバレエ教室まで、送り迎えできないよ、という私に、「ファミサポ使えばいいだろう」など、自分は全くファミサポの面接や探すこともしないくせに、やたらと絡んで文句を言ったことがあった。

 

このくそ野郎!不倫女の意見を私にぶつけて文句言っていたんだな!

 

「この女に慰謝料請求するからね!そしたらあんたがこの女のダンナに逆に慰謝料請求されるんだよ!」

 

「それは・・・」夫の目は力なく私をすがった。

そう、この早漏夫と不倫女Yは

W不倫だった!

 

勝利の日、7月2日、時計はすでに深夜2時になろうとしていた。

でも、この後の苦しみ、フラッシュバックに苦しめられるとは想像していなかった。

もしかすると、再構築をしたこと自体、間違っていたのだろう。

今なら言える。不倫するやつは、繰り返す。