モラハラ不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を攻撃し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

あいこの本音

子供にパパとの面会を中止したあと、私は子供の心の変化を見逃さないように、何度も声をかけた。

 

「パパに会いたいよね、電話してもいいよ。」

「会いたくてさみしくなったら、ママに気を遣わなくていいから、正直な気持ちをママに話してね、会いたいよね、大好きだもんね。おねがい、本当の気持ちを言ってね。」

 

自分はズタボロで、毎日泣いている。

でも、娘たちは一見平気そうだけれど、小さな心に傷を負った。

そこをフォローしなければ・・・ととても気を遣った。

 

感情豊かなみいなは、よく気持ちを話してくれた。

パパにも電話していた。

 

一方、あいこは、みいなが『パパがあいこと話したいって言ってるよ。』と電話を渡そうとしても、決して電話に出なかった。

「勝手に出て行ったんだもん。」

7歳、小学校1年生のあいこはそう理由を言った。

内心、私の気持ちを汲んで、そういっているのかな。とはわかっていた。

 

ある夜、寝る前、あいこに聞いた。

「あいこ、ママがパパとの約束、中止にしたこと、怒ってない?」

あいこがこくりと頷いた。

 

胸が締め付けられた。

あまり気持ちを表現しないあいこ。やっぱり、パパに会いたいよね・・・

最大の被害者は子供・・・

これは、私自身、両親の離婚で実感していることだった。