モラハラ不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を攻撃し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

正夢・・?

夏休みも終わりに差し掛かった8月下旬。週末外に出かければ、仲の良い親子連れや父子を見ては、胸が締め付けられる・・・6月までは、出ていく直前、「パパ」を演じていた夫。

小学校の遠足でみいなが訪れた「グリーンセンター」

その公園を「今度家族で行きたい♪」と先生にも言っていたみいな。

それを実現した6月上旬。やっとこれた。とみいなはあいこの手を引いて、「こっちだよ、あっちだよ、」と案内が得意げだったね。

家族で来たかったんだよね・・・

みいなのパパは、どう感じていたんだろうね。

最後だから、あと数週間で俺は逃げるから・・・悪魔の心で笑っていたのかな。

すごい裏切りだよね。

 

今朝、みいなが面白いことを言った。

「今日ね、パパの夢を見たんだ。」

「パパはみいなに気づいていなかったんだけど、パパは女の人と歩いていたよ。彼女かな・・・パパと同じくらいの背で、髪が短くて、30代くらいかな、会社の人だと思う。」

私は背筋がゾッとした。

「みいなはね、パパに対してじゃなくて、その女に人に対して、すごい嫌だと思ったよ。嫌いって思った。」

 

リアルな夢だ。

週末、日暮里のお墓参りに行ってきたから、ご先祖様が、何か伝えようとしているのかな・・・夫の嘘を暴くために・・・

 

探偵をつけて、相手の女性がみいなの見た夢の女性だったら・・・

 

私が、夫が出ていく前、嫌な予感がして、3年前の不倫相手に慰謝料請求をしたのも。

出て行った当日、たまたま早く帰ってきて、出ていく夫と鉢合わせしたことも。

 

私には第六感はないけれど、きっと見えないもので私たちに伝えようとしているんだな、と思った。辛いことだけど。

 

「これがあなたの知らない本当の夫だよ、見てごらん、これが本性だから!」と。