google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

子供の面会中止

初めの娘たちとの面会後、次は「お泊りでもいいよ」と伝えていた。

弁護士と話し、方針を変えた私は、前日に中止を伝えた。

このお泊りを楽しみにしていたみいなとあいこ。わかっていた。

ちょっと遠くの動物園に連れて行ってもらうんだ、と。

お泊りのために、前回IKEAで枕を買ってもらったんだ、と嬉しそうだったのだ。

弁護士に強く言われていたことーそれは、

『パパに会わせないことをしっかり説明すること、そして子供の心をしっかりとつかんでおくこと。』

 

夕食後、私は二人に切り出した。

「パパはママと話し合いもせずに出ていった。勝手に出て行って、みいなとあいこには会わせろっていうのはおかしいと思う。話し合いで、お金のこと、これからの生活、ふたりと会わせるルールを決めなければならないのに、なにもせずパパは出て行ってしまったからママは困っているの。あした パパに会いたいのわかっているけれど、ちゃんと偉い人と相談してルールを決めるまで、パパには会えない。」

あまり本音を出さないあいこは、ママっ子なのもあり、あっさりと納得した。

一方、パパっ子のみいなは、直後から不機嫌になり、泣き出した。

私はあきらめずみいなをしっかり見つめて話をつづけた。

「お願い、ママは、パパが何もお話もせず出て行って、困っているの。こんな、捨てられたなんて話、だれにも相談できないの。おばあちゃんにしか、話せていないの。こんなにママは困っているのに、誰にも相談できないんだよ。だれも味方になってくれないんだよ。だからママは、偉い先生の所に相談に行ったの。そうするしか、方法がなかったのよ、わかって。偉い先生と、ルールをきちんと決めましょう、って決めたの。」

 

2時間はかかっただろうか・・・頭では理解したが、気持ちが納得いかないみいなではあったが、パパとしばらく会えないことをわかってくれた。

 

夫にはメールで通達した。

『第三者に入ってもらって、別居の条件を決めましょう。子供の件、会いたければ、「子の面会交流調停」を起こしてください。』

 

すぐに返事が来た。

児童手当の手続きを中断したことを逆恨みしているんだろう、云々。

しかし、思ったほど食い下がってこなかった。

そして、思った通り、その後も、面会交流調停は起こしてこなかった。

 

「おれはみいなとあいこを愛しています。」

 

別居後のメールに書いてあったけれど、本当にそうだろうか。

外面の良い夫。イクメンと呼ばれ鼻高々、子煩悩を演じ、子の行事には積極的に参加。こどももかわいがっていたが、一方的に出ていくほどの「よほどの事情」がある夫には、子供は邪魔なはずだ。父親であること、夫であることを己の欲望のために放棄した夫。

書きなぐりの娘たちへの別れの置手紙。

 

ここ数年、とくに感じていたけれど、感じないふりをしていた、夫を信じたかった。でも

やはり、「愛情」に乏しい人間だ。

 

子供を切り札にはできない。そこまで夫は、子供を愛してはいない。

一方、パパが大好きなみいなとあいこ。

こどもはいつでも、どこまでいっても被害者なのだ。

そして、その責任の半分は私にある・・・ズタボロの心にさらに背負いこむ負い目。

 

神様、私はどうすればよかったのか。

抱えきれない苦悩と悲しみと不安と憎しみと・・・運命を呪った。