モラハラ不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を攻撃し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

味方

東京の弁護士を紹介してもらった。

私と同年代のI弁護士は、広島の元同僚から紹介された私に、とても親切だ。

I先生は、経緯を伝えると第一声こう言った。

 

「このだんな、何がしたいんだろうね?もう、地獄行きの急行列車に乗っているのに!」

 

「え?先生、そうなんですか?」

 

「そーだよ、こんなことして、子供捨ててよ、調停起こされて、子供にも会えなくなって、一つ崩れると、一気にガラガラと崩れるからね、仕事もうまくいかなくなるし。」

こんな依頼者もくるわけよ、弁護するけれどね、もしだんなが俺のところに来たらまずいうね、『とりあえず、まずいよ、いったん戻れ』ってね。」

 

そうだよね、わかっていても、された当事者の私は、つらいばっかりで、被害者で、俯瞰で見れないのだ。誰が見たって、夫がしていることは不利なことは明らか。

心強い味方ができた・・・

私の気持ちを汲み、円満調停と婚姻費用増額調停を起こすことで決まった。

同時に、子供の面会はいったん中止。子供に会わせろと言ってきたら、子供の面会調停を起こして、と言いなさい。と。

 

よく考えてみればそうだった。夫の求めるまま、一度子供たちを夫に会わせていた。

子供たちも喜んだ。おかげで、こどもたちから夫の住所までわかった。

でも、どこに住んでいるかもわからない人に、子供を預けるなんて怖い。

今は入居したばかりだが、これから現在進行形の不倫女のものが増えていき、生活感が出たときに、子供によくない、とI先生は言った。

たしかに。

現に、みいなは「トイレットペーパーが花柄だったよ。」と教えてくれた。

花柄は普通のより高い。そんなの夫が買うわけがない。

話し合いもせず出ていき、私が怖くて話し合いができなかった、というのは嘘だ。

本当のことが話せないから逃げるしかなかったことくらい、「突然の別居」=「不倫」はどのサイトをみても、方程式で決まっている。

 

方針を決めた。子供たちは夫に会わせない。ルールを決めるまでは。

 

でもね、味方を得た私だったが、毎晩毎晩不安と裏切られた悔しさと、見えない敵、夫と不倫相手のことばかり考え、胸が押しつぶされるような日々を過ごしていた。

第一回の調停が決まるのはずっと先・・第一回期日は、弁護士を委任してから2か月後だった。苦しい日々。