google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

児童手当を私の口座に

地獄の日々が続いていた。

 

それでも娘たちを朝起こし、弁当を作り、朝食を食べ、見送る。娘たちは、それぞれ見せないまでも傷つきながら普段通りでいてくれる。頭の中はぐちゃぐちゃだけど、日々のroutineはやってくる。

夕食の準備をして出勤。頭の中は、自分の不安、夫への憎しみ、執着、戸惑い・・・頭の中がぐちゃぐちゃのままの仕事は、あまり身に入らなかった。仕事の合間に、つい「別居」「夫が突然別居」などのキーワードで検索してしまい、「夫が突如別居する場合はほぼ不倫」という文字をあちこちに見つけ、わかってはいても、『そうだよね』とさらに落ち込むことばかり繰りかえしていた。

色々考えを巡らせているうちに、その日は早退して、区の子育て支援課に行き、児童手当を私の口座に振り込む手続きをしなければ、と思い立った。

しかし手続きは思いのほか、私に不利だった。

 

私の口座に児童手当が振り込まれるよう手続きするためには

①夫が、「監護権放棄の申し立てをする」つまり、現監護者ではない、という証明。

②子供の健康保険を私の職場の健康保険の扶養に入れる。同時に夫の会社の扶養から異動手続きが必要。

 

①も②も夫が協力してくれない場合は、妻側から、「離婚調停中を証明する裁判書類」

 

この時点では、私は「円満調停」と「婚姻費用分担調停」を起こすつもりだった。

つまり、円満調停では離婚が前提ではないから、だめだというのだ。

 

まだこのころは夫とLINEでのみ連絡が取れていたので、①も②も手続きを進めてくれていたが、途中で連絡が取れなくなり、どちらも進めなくなってしまった。

 

お役所とは、なんとも無情だ。

 

「夫は一方的に子供を置いて出ていったんですよ、なんの監護もしていないんです、それでも、収入が多いほうが子供の監護者として、児童手当をうけとるなんて おかしい!横取りされるじゃないですか」

 

いくら言っても無駄だった。「離婚へ向けての」調停でなければ、妻側からの手続きを進められないのだ。

次の児童手当の支払いは10月。

「路頭に迷わすことはしない」といった夫だが、信じられるわけがない、だって、

いくつのウソを重ねて私はこんな目にあっているのか?

 

それでなくても、毎月、いかに自分の手元のお金を確保するか、家族のため、家族の貯蓄よりも、自分の取り分を自由になるお金を確保することにずーーーーっと 躍起になっていた夫だ。お金の執着がすごいことはわかっていた。

 

悔しい、悔しい、捨てられ、ズタズタにされ、行政も私を守ることをしてくれない・・・

逃げたもん勝ち。