google-site-verification: google2ec07b0ee27d6cd4.html

不倫夫・突然の別居・地獄の底から這いあがる!

己の不倫を隠すためモラハラで私を洗脳し、突如別居した夫。残された娘と3人で、新しい自分へ成長するまでを綴ります。

話し合い

4月の喧嘩以降、様子のおかしい夫。

スキンシップもないし、取り繕った親切、たとえば、ジョギングの帰りに電話をしてきて、買ってきてほしいものない?と聞く・・・今まで言わないと協力してくれなかった家事を進んで「俺やるよ」という・・・など、よそよそしい感じがあった。

子供たちのイベントを見に行っても、二人きりになると、すっと別のほうへ行き、「俺○○してくるよ・・・」明らかに様子がおかしかった。

子供たちが寝ると、二人気になるのを避けるように、週に3日は外へ1時間ジョギングへ。

今思えば、色々おかしいところがあった。

6月22日夜、意を決して、聞いてみた。

 

「私とどうしたいの?どう思っているの?同じ方向を見ているのかな?」

 

夫の答えは、「わからない」だった。

4月のプチ家出依頼、ちなつに対する気持ちが「OFF」になってしまった。

どうしていいかわからない。

GW前の話では、「一人暮らしでも」とふと言っていたので、「そんなこと考えてないよね??」と心配になって尋ねるも、「それは考えてないよ・・・」

 

「愛する子供たちは、パパとママ、がそろった家庭で育てたい。みいなもあいこもパパが大好きだよ。お願い、頑張ろうよ・・・私もカウンセリング、がんばるから・・・」

 

「おれはもうちなつの’安全基地’にはなれないけど、応援しているよ・・・」

 

そして私たちは握手をして、同じベッドで就寝した。

隣にいる夫は、触れることができないくらいバリアを張っていた。

 

内心、私は不安で仕方がなかった。夫の「どうしていいかわからない」というセリフは、3年前の不倫が発覚する前の言い訳と同じだったからだ。

 

なんだか胸騒ぎがした。

何か起こるのではないか・・・

このまま夫の気持ちを待つべきなのか・・・

 

一晩考えて、私は信頼している弁護士に電話をした。

そう、3年前の不倫相手に慰謝料請求と謝罪文を請求しよう。もうすぐ慰謝料請求の時効3年が迫っていた。「最悪の状況を想定して」できる予防線は貼っておこうと思った。証拠の写真も、たぶん夫が見つけて私のPCから削除していた。

 

「証拠は私の日記」だけ。

不安だった。

念のため、夫にはその件を伝えた。「お金が欲しいんじゃない、きちんと謝罪してもらいたい」と。

3年前はひどく動揺した夫だったが、今回はやけに冷静だった。

「それで気が済むなら」と。

 

そして、「通知書」を3年前の不倫相手(夫から不倫を白状したときに担保として情報を貰っていた)に内容証明で送った。