突然の別居・夫の不倫・地獄の底から這いあがった私

幸せだった家族、捨てられた娘と3人で、新しい自分へ成長するまで~

衝突~子育てでお互いを成長させる

夫は優しいのか?もっと愛情がほしい、初めての子育てで、お互いが成長する。

 

2005年に結婚。知り合って4年、アメリカと日本の遠距離恋愛1年半、義理両親の大反対、色々乗り越え結ばれた。結婚なんて興味のなかった私が、「この人なら」と思えるほど、穏やかで、優しくて、一緒にいて心地が良かった。

 

結婚1年目の日記には、

『私のこれからの人生、ずーっといいことが続きますように。長生きして夫とずっと暮らせますように・・・』

 

忌まわしい十代を過ごした私は、これからの人生は、いいことしか起きないはずだ!

そう信じないと、希望が持てないくらい、傷ついた心を隠して20代を過ごした。

 

結婚3年目の日記は、第一子を授かり、初めての産休に入り、幸せな一人時間を過ごしていた時。

  • 『私の性格のせいで、何度も衝突した。反省するんだけれど、自分を変えることができなくて反省ばかり・・・大好きな人と結婚したんだもの、大切にしなければ』

 

夫はみいなが生まれても、飲みに行く回数を減らしたり、早く帰ろうとしてくれなかった。ちいさなみいなと二人きり、産後の肥立ちもよくない私は、夫の帰りを今か今かと毎晩待った。誰かと話したかった、初めての不安だらけの育児。

泣き叫ぶみいなを抱いて電話をしても、酔っぱらって受け答えが出来ない夫だった。

本当に、酒の飲み方が酷い。そして、帰ってきて、少しの嫌味ですぐに食って掛かった。

みいなが生まれた翌年の日記には

  • 『酔って帰ってきた夫が、私の言い方がきついと暴れた。追い詰めるような言い方をやめてくれないと、俺はちなつと生活できなくなる。』

全然私の気持ちを分かってくれない!感情的になった私は、いつも言い過ぎてしまい、追い詰め、『俺は千夏じゃないんだ!』と。私の言い方が原因で、何度も夫を追い詰めていた。

 もっと夫に甘えたいのに・・・

愛情・・・夫に労わってほしかった・・・甘え・・・今思えば、歪んだ甘えだったのかもしれない。

f:id:chinacchan:20170705230516j:plain

 2008年12月生まれたばかりのみいなー初めての育児で戸惑ってばかり。夫と二人で試行錯誤してやったっけ。

 

子育てで、私たち夫婦が、成長するためだったんじゃないだろうか。